フリーダイヤル0800-8008-339
お問合せメール
※営業時間 9:00~19:00
逆SEO

企業ブランドイメージの低下を防ぐことができる逆SEO

逆SEO対策とは?

イメージ画像

企業ブランドイメージの低下を
防ぐことができる
SEO施策のことです。

逆SEO対策とは「逆」が付くその名前の通り、
特定のネガティブサイトを下位表示にさせることです。

相対的に自社サイトの順位が上がり、ネガティブサイトから
受ける風評から遠ざけ、自社ブランドを守ることができます。


逆SEO対策方法は2種類あります

一般的には、以下のようにサテライトサイトを作成するか、既存のページ、関連サイトに対してSEO対策
施し検索上位にすることで、印象の悪いサイトを間接的に押し下げる手法があります。


1サテライトサイトを作成する

自社の関連サイトを数多く作成し、相対的にネガティブサイトを下げます。メリットは比較的に簡単で、早く効果が望めることです。デメリットとしては機械的なサイト立ち上げによるペナルティの恐れ、新規サイト立ち上げの費用、その後の運用などがあります。

2既存のページ、関連サイトに対してSEO対策

既存のページ、自社関連サイトのSEOを強化、ネガティブサイトを下げます。メリットは既存のサイトに手を加える正攻法でのSEO対策を使用することです。デメリットとしてはSEOの専門的な知識に加え、やはりそれなりの費用が掛かることでしょう。

  デメリットを克服したオススメの施策  

他社には真似出来ない第三の逆SEO対策

3特定のサイトを直接押し下げる

新しく開発したアスプロの手法では特定のネガティブサイトのみに対して対策を行い順位を下げます。

よって、サテライトサイトを作成する費用も要りませんし、明らかに中身の薄いサイトが大量発生することがなく、ブランド力が下がりません。

また、成功報酬でもお受けしておりますので、経済的で安心です。

逆SEO対策のメリット

  1. 企業ブランドイメージの低下を防ぐ
  2. 見込み客の獲得低下を防ぐ
  3. 人材、求人採用の悪化を防ぐ
  4. 新たな風評サイトのブロック効果

何故、逆SEO対策は必要なのか

通常、検索ユーザーは1位に表示しているサイトから順にサイトタイトルや説明文を見て興味のあるサイトをクリックし閲覧する傾向にあるため、上位表示すればするほどクリック率が高くなることが一般的には言われております。

しかし、企業名や商品名や個人名などの指名系キーワードの場合は、かなり興味の高いユーザーだと言えますので、第三者からの「評判」や「口コミ」などを参考にしたいニーズがございます。商品購入後に後悔しないように購入前に検索をして情報を得たい方や入社後に後悔しないよう採用応募前にその企業の評判などを知っておきたい場合などです。

よって、企業名や商品名や個人名などの指名系キーワードの場合は、検索結果の上位にネガティブな掲示板や評判・口コミサイトなどが表示しているとクリック率が大幅に上昇しますので、イメージダウンに繋がるリスクが大幅に高まることになります。

このように、企業としてのブランドイメージ低下を防ぐための逆SEO対策は必要不可欠なのです。

パ│トナ│様専用サイト